対象家電は?

対象家電は最大10種類となります。

アプリ内の「家電ごとの電気代」「家電の使用状況」は、弊社の「家電分離推定技術」によって推定した結果に基づいて、表示を行っています。

「家電分離推定技術」が対象とする家電は、2016/11現在、主要家電のうち最大10種類:

  • 冷蔵庫
  • 待機電力(常に電力消費する家電を含む)
  • エアコン
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • ヒーター・ドライヤー・ケトルなどの高熱家電
  • テレビ
  • IHクッキングヒーター

となります。(※「家電の使用状況」表示では、冷蔵庫と待機電力は対象外です)

センサーの設置後からご家庭の電力パターン学習が始まり、中4日間(※1)の初期学習が完了した後、検出された家電からアプリに表示されます。なお、ご家庭の電力使用状況によって、検出される家電の数や推定精度は異なります。

 ※1:正確には、センサー取付業者から取付完了の報告を弊社が受けてから中4日間後となります。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。