電力センサーと無線LANルーターのペアリングはどのように行いますか。

お客様のホームルーターが WPSに対応している場合には、プッシュボタンによる簡単設定が行えます。以下の手順に従って、設定を行ってください。

  1. ホームルーターをWPSモードにします。※WPSモードにする方法は、ホームルーターの取扱説明書を参照してください。

  2. サーキットメーターの電源を入れます。(コンセントに挿します)

  3. サーキットメーター正面の “WIRELESS JOIN”ボタンをNETWORK LED(青)が点灯状態になるまで長押しして離します。(約5秒間)※ボタンを離すと一度LEDが消灯し、15秒ほどするとWPSモードになります。

  4. NETWORK LED(青)が 5秒に1回点滅状態になる事を確認します。これでWPSモードになりました。接続処理が自動的に行われます。(処理には最大2分かかります)※電源を入れ直せば、通常動作モードに戻ります。WPSに成功すると NETWORK LED(青)が 10秒間点灯します。失敗すると NETWORK LED(青)が、5秒間に10回点滅します。成功した場合も、失敗した場合も、サーキットメーターはWPSモードを終了して、自動的に再起動します。(この時、無線接続は一時的に切断されます)再起動後は通常動作モードとなりますので、WPSに成功した場合は、無線ルーターに接続して、1分ほどでサーバーにデータをアップロードし始めます。

※通信時にエラーが起こると再度データを送るまでに1分ほど待ち時間が入ります。環境によっては、最初のデータがサーバーにアップロードされるまでに3~5分程度かかる場合がありますのでご注意ください。詳細は施工説明書をご確認ください

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。