発電した収支はどう算出していますか。

太陽光発電パネルをご家庭に設置し「余剰買い取り制度」が適用されると、発電して電力が余ると「電力を売る」、発電だけでは電力が足りないと「電力を買う」ことになります。

このアプリケーションでは、この売り買いの金額を自動的に計算し、日・週・月といった単位での収支を表示しています。

具体的な算出方法としては、各時分ごとに下記を計算しています。

発電して電力が余っている場合: 売電電力=「発電電力」−「消費電力」 売電金額=「売電電力」×「電力買取単価(1kWhあたり33円※)」

発電だけでは電力が足りない場合: 買電電力=「消費電力」−「発電電力」 買電金額=「買電電力」×「電気代単価(1kWhあたり25円※)」

1日の収支: 収支=各時分ごとの(売電金額−買電金額)を1日分積算

※電力買取単価は、太陽光パネルを設置した年度や機器の構成などによって異なります。うちワケアプリの場合、設定画面より単価を変更することができます。
※電気代単価は、お客様が加入されている電気料金プランによって異なります。うちワケアプリの場合、設定画面より単価を変更することができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。