家電分離推定技術とは何ですか。

家電分離推定技術(機器分離推定技術)とは、ブレーカーの箱(分電盤)に取り付けた小さなセンサーを使って、家の中の家電機器の利用状況を推定する技術です。

具体的には、各家電がどのくらいの電力を使っているのか各家電をいつ使っているのか毎日、家全体で電力をどのくらい使っているのかを知ることができます。

毎月1回来る「電気代請求」だけでは分からない、電力をよく使っている家電・よく使っている日を振り返ることができるため、効果的に省エネ対策を考えることができます。

また、各家電をいつ使っているかが分かるため、外出中に家の様子をうかがうことができます。留守番カメラなどと異なり、プライバシーを大きく侵害せずに様子をうかがえるため、「もう子供は家に帰ったみたいだな」「ご飯を炊き始めたからそろそろ帰ろう」「洗濯まわしてくれたんだな、ありがとう言わなくちゃな」...など、普段の生活をより便利に、より暖かく過ごすことに役立てて頂けます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。